■トップページへ
■活動日誌トップへ



コロナで生活が成り立たなくなった場合 /by 志村章子

 今、若い女子のホームレスが増えているとか、幅広い年齢層の自殺者が増えているとか聞こえてきます。 来年は更に過酷なことになって行くと思うのです!こうなると、年金で暮らしている人達や、 生活保護を受給している人達はまだ幸せかもしれませんね!

 しかし今、コロナ禍で生活保護受給に頼っても、抱えているカードの借金をどう処理すればと悩んで、 やっぱり思い悩み自殺するというケースもあるかもしれません。その場合には法テラスを通して弁護士に相談してください。 生活保護者でも自己破産は可能です。自己破産は怖いことではありません。生活が出来るだけの預金は許されます。 自転車操業になっている借金を整理して人生をやり直してください。死ぬ選択だけはいけません。

 法テラスを通しての弁護士費用は毎月5千円ずつの引き落としとなります。お金が無くても大丈夫です。 ですが必ず法テラスを通して相談してくださいね。直接弁護士事務所へ行った場合、 通常の多額な金額が必要となってしまいます。

 弁護士事務所では素直に書けば悩まない書類を何枚か提出します。あとは過去7年間の暮らし方の様子と、 過去1年間の銀行口座の入出金のコピー等も必要となります。 そして返済出来ない借金やカード類の情報と、所持している銀行口座や仮想通貨や株式の情報も 全て提出となります。

 これからは更に倒産が増えていきます。とにかくモタモタしている場合ではありませんよ! 保護の相談を考える場合、同じ目線で物事を考えられる相手と言うことが第一条件と思います。 生活保護、メンタルクリニックへの救済(これは大きな助けになる場合も多い)、自己破産!これらは大切なことです!

 特にシングルマザーは子供と生き抜くことを第一に考えてくださいね! 今はホームレスでもスマホの充電などはコンビニで出来る時代なのですから、とにかく情報を沢山得て 美味しい話には頼らず、自分の頭で生き抜いてください! ネットカフェより安いシャワースペースもあるよね!

 住まいは3ヶ月賃貸料を払わなければ出て行けになるだろうから先手に構えるべきです! 遅れてもいいから絶対に退室をしないようにしてください。住まいが無ければ仕事は更に見つかりませんよ。 今の時代に住み込みの仕事なんて期待できないほうが多いと思いますしね。頑張りましょう! とにかく役所の福祉課へ生活保護の申請に行きましょう。生活保護の相談に行ったのではダメですよ。 ハッキリと生活保護の申請に来たと伝えて必要書類を直ぐに貰って記入してくださいね。 その時に役所では借金の相談はせずに、その件は法テラスを通してお願いしてください。

●生活保護申請書のPDFを作成することができます。
PDFをプリントアウトしてご自身で福祉事務所に提出。
フミダン生活保護申請

●法テラスのサイトです。
法テラスは国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。
日本司法支援センター法テラス






Copyright © 2017 *Mental healing club* All rights reserved.